弁理士 伊藤 武泰

弁理士 伊藤 武泰 (ITO Takeyasu)/パートナー

 

■ 資格

 

1998年3月 弁理士登録 (登録番号11173番)

 

 

■ 経歴

 

東京工業大学 卒業
東京工業大学大学院生命理工学研究科 修了

 

法律事務所、大手特許法律事務所勤務を経て、2013年(平成25年)1月不二法律特許事務所に合流

 

 

■ 実務経験・取扱い技術分野

 

・弁理士登録後、国内大手特許法律事務所において、医薬、食品、化粧品、バイオ関連の技術や、有機材料、液晶部材、インク、合金、医療機器などを含む化学全般の国内外の特許出願・権利化業務、鑑定、訴訟業務を担当。
・欧米・中国・韓国などへ出願に加えて、東南アジア、新興国(インド、ロシア、ブラジルなど)など多くの外国出願・権利化業務を経験。
・種苗法に基づく品種登録出願(国内・外国)、特許権存続期間の延長登録出願 などの特殊な出願も数多く取り扱う。

 

 

■ 主な委員・公務など

 

・日本弁理士会 農林水産知財対応委員会 元委員長 (2011年)、
  同 特許制度運用協議委員会 委員長 (2018年4月〜) 、 常議員(元)、
  同 バイオライフサイエンス委員会 元副委員長、 弁理士業務標準化委員会 元副委員長、 
  同 特許委員会/知財教育支援委員会(関東支部)/知財ビジネスWG いずれも元委員 他、
・農林水産省 東アジア地域植物品種保護制度調査検討会 委員 (2009年)、
 農林水産省 農林水産知的財産戦略総合推進事業 選定審査委員 (2011年)、
 農林水産省 植物品種等海外流出防止緊急対策事業 指定代理人 (2017年, 2018年) 他

 

 

■ 主な講演歴

 

・日中バイオ技術知財セミナー 「特許法と他の法律(薬事法と種苗法)の関係」、2010年9月、中国国家知識産権局(SIPO)研修センター(北京)にて講演
・日本弁理士会 関東支部研修 「農林水産分野における知的財産戦略活用セミナー」、2010年10月
・日本機械輸出入組合 「WTO加盟後のロシア特許戦略セミナー」(「ユーラシア特許条約の基礎」編)、2012年10月
・経済産業調査会セミナー 「ロシアの知的財産制度と実務」(「ユーラシア特許制度」編)、2013年6月
・JETRO/千葉県 「(海外進出・展開知財戦略セミナー) 海外における農産物や種苗の知財戦略」、2013年10月
・日本弁理士会研修 「農水産物保護と知財」(第1部講演講師、第2部パネリスト)、2014年5月
・日本弁理士会 会員向継続研修 「特許における微生物寄託制度」、eラーニング

 

 

■ 主な論文・著作

 

・「海外における植物新品種の保護制度の概要と手続き上の留意点」、,2008年9月、パテント
・「特許法と種苗法の比較」(共著)、2008年9月、パテント
・「ユーラシア特許条約に基づく特許制度」、2011年1月、特許ニュース
・「医薬バイオ分野におけるロシア特許制度の留意点」、2011年6月及び2012年2月、特許ニュース
 (書籍)
・「知的財産権の基礎知識2」(共著)、産業能率大学テキスト
・現代産業選書 「ロシア知的財産制度と実務」(共著)、2013年4月、経済産業調査会、ISBN978-4-8065-2897-5

 

 

■ その他
 個人ブログです。よろしければご覧ください。

 



English

Japanese


トップページ 事務所の特徴 沿革と概要・組織 取扱業務 弁護士・弁理士 お問合せ・地図